end0tknr's kipple - 新web写経開発

http://d.hatena.ne.jp/end0tknr/ から移転しました

Meadow2.10で unicode を編集

Meadow2.10はデフォルトで unicode ファイルを編集することができません。

例えば、M-x set-buffer-file-coding-system utf-8-unix を実行しても、C-x C-s で保存すると、jis になってしまいます。


このようにunicodeファイルを編集したい場合には、Mule-UCSをインストールします。

入手と解凍

http://www.meadowy.org/~shirai/elips/mule-ucs.tar.gz

公式サイト↑から、mule-ucs.tar.gz を取得して、site-lisp へ copy します。

readme

ちなみにreadmeファイルはここでした。

c:/Meadow/site-lisp/mule-ucs/lisp/README
c:/Meadow/site-lisp/mule-ucs/lisp/jisx0213/readme.txt

mule-ucsのcompile

mule-ucsで、JIS X 213 も編集できるようになるそうです。
compile自体は、次のような手順でbash等から行います。

$ cd c:/Meadow/site-lisp/mule-ucs
$ ../../bin/Meadow.exe -q --no-site-file -batch -l mucs-comp.el

$ cd lisp/jisx0213/
$ c:/Meadow/site-lisp/mule-ucs/lisp/jisx0213
$ ../../../../bin/Meadow.exe  -q --no-site-file -batch -l x0213-comp.el

.emacs

次の2行を (set-language-environment "Japanese") よりも前に .emacs に追記します。

(require 'un-define)
(require 'jisx0213)
(set-language-environment "Japanese")

フォントの設定...

ここまでの段階で、JIS X 213 は編集できるようになります。
フォントの設定に関しては、いつか別のエントリで...