end0tknr's kipple - 新web写経開発

http://d.hatena.ne.jp/end0tknr/ から移転します

九州へ帰省 2008年夏

8/11(Mon)〜8/14(Thu)で実家のある九州へ帰省していました。
天気予報では東京と九州の最高気温差はないように見えたのですが、九州は一日中気温が下がらない感じで、最低気温や湿度も気にしておくべきだと思いました。

そんな暑さの中、奥様と大宰府や有田にもでかけたので紹介します。

一蘭の味は、博多 > 東京?

http://www.ichiran.co.jp/index.html

九州へ帰省の際には必ずと言っていい程、一蘭へは立ち寄ります。

一蘭は東京にも出店していますが、博多と比較すると、どうもスープにコクがない感じで、奥様も東京には行こうともしません。

一蘭が話題になってから、数年、経ちますが、今回行った天神店は未だに行列ができていました。

大宰府天満宮のカワイイ狛犬と、梅ヶ枝餅

大宰府には、すぐ隣にある九州国立博物館の為に来たのですが、定番なので、隣にある大宰府天満宮にも向かいました。

太宰府天満宮には初詣で何度も訪れていますが、こんなカワイイ狛犬がいることに気付きませんでした。初詣は参拝客がものすごく多いから、気付かなかったのかな...

大宰府で有名なものと言えば、他に梅ヶ枝餅がありますが、「かさの家」で茶房で梅ヶ枝餅をいただきました。

http://www.kasanoya.com/index.html

東京で開催される九州物産展でも「かさの家」は、よく出店していますが、茶房に入ったのは今回が初めてです。ゆったりとしたスペースで、お茶やお菓子をいただける人気の喫茶店のようです。

九州国立博物館 : 国立科学博物館 = 大人向け? : 子供向け?

http://www.kyuhaku.com/pr/index.html

次に訪れた九州国立博物館は、東京,奈良,京都に続き、2005年に約100年ぶりに誕生した4箇所目の国立博物館だそうです。

以前、「日経アーキテクチュア 2005/12/12号」でも紹介されていましたが、160m×80mの大屋根がとにかく大きくて圧倒されます。建物全体の写真をデジカメで1枚に収めたかったのですが、建物があまりに大きくて2枚に分けてしまうことになりました。


館内は写真撮影が禁止されているので写真では紹介できませんが、「国立」という言葉に惹きつけられた人がたくさん訪れていました。

九州博物館の展示内容は、4階に常設展、3階に特別展(その時はNHK大河ドラマに乗っかって「島津の国宝と篤姫の時代」)が展示されていて、以前、訪れた国立科学博物館と比較すると、少し物足りない印象を受けました。

http://www.kahaku.go.jp/

愛・地球博にもあった「シアター360」や様々な体験コーナーもある国立科学博物館の方が、来ていた子供が楽しそうな印象を受けたので、九州国立博物館は大人向けかも?

吉井の白壁通りと吉井醤油

私の実家から車で30〜40分程の場所に「吉井」という町があります。
最近の市町村合併で「うきは市吉井町」になったそうですが、ここは「白壁通り」と「吉井醤油」で地元では、ある程度、有名な町です。


九州の醤油は甘くてトロッとした物が多くありますが、吉井醤油の甘さは、それ程、強くなく九州以外の人もきっとおいしいと感じるはずです。今回、その吉井醤油を買った梅迺家醸造場は、梅迺家醸造場のホームページもないので、買いたくなったら、直接、電話するしかなさそうです。


お盆だから、有田に観光客がいなかった?

前日のスケジュールは盛りだくさんだったのですが、次の日は、JRで鳥栖から有田町へ向かいました。

ゴールデンウィークに開催される有田陶器市には大勢の観光客が来るそうですが、降り立った有田駅には観光客らしき人は全くいませんでした。JRで来た上にバスも非常に少なかったので、炎天下の中、有田駅〜上有田駅にある店や工房、体験工房を歩いて回りました。

赤絵座での絵付体験(楽焼)

香蘭社と深川製磁の本社?ショールーム