end0tknr's kipple - 新web写経開発

http://d.hatena.ne.jp/end0tknr/ から移転しました

寄与度/寄与率 : データ全体(合計)の"変化"に対する各構成要素の貢献度

寄与度の定義

「全体の"変化"に対する」がポイントで、 年度の総売上額に対する部門Aの寄与度/寄与率は次式で算出できます。


  部門Aのt年の寄与度 =
  \frac{ 部門Aのt年売上 - 部門Aの(t-1)年売上 }{ (t-1)年総売上額 } \\\
 または 
  { 部門Aのt年成長率 \cdot 部門Aの(t-1)年構成比率 }

  部門Aのt年の寄与率 = \frac{ 部門Aのt年寄与度 }{ 総額のt年成長率 }

例題

例として、年度の総売上額に対する部門A~Cの寄与度/寄与率を算出します。

年度 部門A 部門B 部門C 総額
2011 500 300 200 1000
2012 600 300 400 1300
2013 800 500 300 1600
2014 1000 600 400 2000

年度毎の変化

まず、上記の表から年度毎の変化を整理します

年度<-前年 部門A 部門B 部門C 総額
2012<-2011 100 0 200 300
2013<-2012 200 200 -100 300
2014<-2013 200 100 100 400

寄与度

次に寄与度を算出しますが、 例えば、部門Aの2012年寄与度は「(600-500)/1000 = 0.1」です。 他部門や他年度も同様に寄与度を計算すると次のようになります。

年度<-前年 部門A 部門B 部門C
2012<-2011 0.10 0.0 0.20
2013<-2012 0.15 0.15 -0.08
2014<-2013 0.13 0.06 0.06

寄与率

まず、総額成長率( (t年売上 - (t-1)年売上) / (t-1)年売上 )を算出します。

年度<-前年 総額成長率
2012<-2011 0.30
2013<-2012 0.23
2014<-2013 0.25

寄与率は「部門の寄与度」と「総額の成長率」により算出され、 例えば部門Aの2012年寄与率は、0.1x0.3=0.03となります。 他部門や他年度も同様に寄与率を計算すると次のようになります。

年度<-前年 部門A 部門B 部門C
2012<-2011 0.03 0.0 0.06
2013<-2012 0.03 0.03 -0.02
2014<-2013 0.03 0.02 0.02