end0tknr's kipple - 新web写経開発

http://d.hatena.ne.jp/end0tknr/ から移転しました

jboss ( wildfly ) とsampleアプリのdeploy

javaのアプリサーバは、不慣れなので、練習。

jboss community editionの名称が、wildfly になっていることすら知りませんでした。

jboss ( wildfly ) のinstall

といっても、download して、解凍するだけ

$ wget http://download.jboss.org/wildfly/14.0.1.Final/wildfly-14.0.1.Final.tar.gz
$ tar -xvf wildfly-14.0.1.Final.tar.gz

jboss ( wildfly ) の設定

設定fileの編集と、ユーザの追加を行います。

$ vi wildfly-14.0.1.Final/standalone/configuration/standalone.xml

old) <inet-address value="${jboss.bind.address.management:127.0.0.1}"/>
new) <inet-address value="${jboss.bind.address.management:192.168.244.101}"/>
old) <inet-address value="${jboss.bind.address:127.0.0.1}"/>
new) <inet-address value="${jboss.bind.address:192.168.244.101}"/>

jbossは、port=8080でサービス、port=9990で管理を行います。 私の環境では、vmにinstallしていることもあり、上記でipを 192.168.244.101 に変更しています。

wildfly-14.0.1.Final/standalone/configuration 以下には、 standalone-full-ha.xml や standalone-full.xml , standalone-ha.xml 等の 設定サンプルもあります。

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_jboss_enterprise_application_platform/7.0/html-single/configuration_guide/index#standalone_server_configuration_files

jboss には、standalone の他に、domainもあるようですが、違いは理解していません。

次は、ユーザの追加です。

Management User と Application User の違いは理解していませんが、 「Management User」で追加しています。

$ wildfly-14.0.1.Final/bin/add-user.sh 

What type of user do you wish to add? 
 a) Management User (mgmt-users.properties) 
 b) Application User (application-users.properties)
(a): a

Enter the details of the new user to add.
Using realm 'ManagementRealm' as discovered from the existing property files.
Username : end0tknr
Password recommendations are listed below. To modify these restrictions edit the add-user.properties configuration file.
   :
<以降、略> 

sampleアプリのbuildの前に、maven の install

[WARNING] Rule 0: org.apache.maven.plugins.enforcer.RequireMavenVersion failed with message:
To build this project Maven 3.2.5 (or greater) is required. Please install it.

古いmavenでbuildすると、上記のようなerrorとなるので、mavenからinstallします。

$ cd ~/local/
$ wget http://ftp.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist/maven/maven-3/3.5.4/binaries/apache-maven-3.5.4-bin.tar.gz
$ tar -xvf ~/tmp/apache-maven-3.5.4-bin.tar.gz 
$ ln -s apache-maven-3.5.4 maven

sampleアプリのbuild

$ ~/tmp/
$ git clone https://github.com/jboss-developer/jboss-eap-quickstarts.git
$ cd jboss-eap-quickstarts/helloworld
$ ~/local/maven/bin/mvn clean install

上記を実行すると、jboss-eap-quickstarts/helloworld/target/helloworld.war ができます。

「mvn clean install wildfly:deploy」と実行すると、wildfly へのデプロイまで 行ってくれるようですが、 先程、「jboss.bind.address.management:192.168.244.101」のように変更していることもあり、「wildfly:deploy」なしでbuildしています。

sampleアプリ (helloworld)のdeploy

後は、http://192.168.244.101:9990 から管理画面に入り、 先程の helloworld.war を uploadすれば、完了です。