end0tknr's kipple - 新web写経開発

http://d.hatena.ne.jp/end0tknr/ から移転しました

go言語 オレオレ入門 - ほんの触りだけ

特徴 (自分の理解)

単一fileの実行可能file作成が容易

install

./configure; make ; make install でなく、downloadして解凍するだけ。

$ wget https://dl.google.com/go/go1.11.2.src.tar.gz
$ tar go1.11.2.src.tar.gz

$ sudo su -
$ cd /usr/local
$ wget https://dl.google.com/go/go1.11.2.linux-amd64.tar.gz
$ tar -xvf go1.11.2.linux-amd64.tar.gz

$ vi /etc/profile

PATH=/usr/local/go/bin:$PATH  ## <-- L.53付近にadd
export PATH USER LOGNAME MAIL HOSTNAME HISTSIZE HISTCONTROL

作業環境の準備 ( $GOHOME )

$GOHOME 以下にpackageのsrcや実行fileが集約されます。

$ vi ~/.bash_profile
export GOHOME=$HOME/go
#↑追加. package等のinstall先

emacsでのgo-mode

私の環境のemacs for winでは、package installできなかったので、 以下のように手作業でinstall

$ cd c:/emacs-24.5-IME-patched/share/emacs/site-lisp/
$ wget https://raw.githubusercontent.com/dominikh/go-mode.el/master/go-mode.el
$ vi ~/.emacs
(autoload 'go-mode "go-mode" nil t)
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.go\\'" . go-mode))

packageの取得とbuild

以下の通り。

ただ、ローカル環境のbuildはどうするんでしょ? ちょっとしたcodeも GOHOME/src 以下に書くべきなんですかね?

# 「go get -d 」で $GOHOME/src以下に downloadのみ行います。
# 依存packageもdownloadする為、時間を要します。
# 「-d」がない場合、「go install」も行われます。
$ go get -d github.com/kahing/goofys

# 「go install」で実行fileが$GOHOME/src以下に作成されます。
$ go install github.com/kahing/goofys

# その他(参考)「go install」の場合、
# カレントディレクトリに作成されます。